昆虫の夏

この夏、我が家に昆虫ブームがやってきました。
7歳の長男が友だちからカブトムシを貰って来たことがブームの始まりで、ことあるごとにセミやら蝶やらを捕まえてきては逃がしを繰り返す日々…。
今日現在もカブトムシ2匹とセミの脱け殻約50個が、我が家の玄関を支配しております。

そして夏休み最後に「カブトムシを捕りたい」という子どもたちのリクエストが入りました。
長男は夕方から習い事に行かなければならないというタイムリミットもあり、正直難しいかと思いながら色々と調べた結果、とても良いものを発見しました!みなとみらいで開催されている「みんなの世界昆虫博」というイベントです。
こちらでは珍しいカブトムシの展示の他に、ネットで囲われた人工的な林にカブトムシやクワガタが放たれており、自由に触れあえるというではありませんか。

10分で仕度を完了し、車に乗って20分で現地に到着!
早速、例の触れ合いコーナーに行ってみると、まさに入れ食いの釣り堀状態…。
まるで照明のスイッチを入れるかのような手軽さでカブトムシが捕れてしまいます…。


想像以上の手軽さにびっくりしましたが、子どもたちは大興奮でした。
まあ良かったかなと思いつつ、来年は野生のカブトムシ捕りの大変さを教えてやらなきゃならないかなと、早くも来年の夏休みの宿題が出されたような気持ちでした。

そして、カブトムシさんたちに心から「お疲れさまです…。」という気持ちでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です